ワキガ 原因 アポクリン腺

ワキガの原因はアポクリン腺

ワキガの原因は汗ということを知っている人は少ないと思います。

 

もともと汗に臭いはないですからね。

 

ですが、その汗がワキガの臭いの元となっているんです。

 

実は体の汗の出る腺はエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。

 

この2つの汗腺のうち、エクリン腺は通常私達が「汗」と呼ぶものを出す汗腺で、そこから出る汗はほぼ水分なので臭いがありません。

 

逆にわきやデリケートゾーンにあるアポクリン腺から出る汗は通常の汗と成分が違い、臭いがすることになります。

 

あと、白いシャツを着てたらワキガの人は黄色いしみができることがあります。

 

それもアポクリン腺から出る

 

 

 

 

 

全ての人にアポクリン腺があるのにどうしてワキガの人が出てくるの?

アポクリン腺は基本的に全ての人のわきや、デリケートゾーン、耳の中などに存在しています。

 

では、どうして特定の人達のみわきがになるのでしょうか?

 

それは特定の人のアポクリン腺だけ密度が高く、穴も大きいからなんですね。

 

つまりワキガはあくまで体質的、生まれつきということです。遺伝的な要素も絡んでくるんですね。

 

もともとアポクリン腺が多い人はワキガであるということですね。

 

ですので、嘆いてもどうしようもないということです。

 

ただ、ワキガの人も最近では手術などでワキガ臭がしない体に代わることができるので、希望を捨てる必要はありません。

 

最近ではミラドライと言われる切らないわきが手術もあるので、お金を貯めてその手術を受けるのも一つの手ですね。